素材について

Stitchのジュエリーは、
京都産の金銀糸・絹糸、宇和島産のアコヤ真珠など、
日本の伝統や職人の手技が感じられる素材を活かし、
ひとつひとつを手刺繍で仕上げています。

それぞれの素材の持つ存在感を繊細な刺繍で引きたたせ、
みなさまに軽やかに身に着けていただけましたら幸いです。

これからも、日本で生まれてくる魅力的な素材に
たくさん出逢えますように。
金銀プラチナ糸

金銀糸は、古い歴史を持つ京都の伝統工芸品。
本物の金箔や金属蒸着フィルムを細く裁断し、
芯糸に螺旋状に寄り付けて作られています。
厳しい工程管理と、職人技から生み出される金銀糸は、
着物や帯、化粧まわし、舞台や劇場の緞帳、
さらには日本各地で営まれる祭りでの
巨大な山車、神輿、懸装幕などにも使われ、
他にはない絢爛たる輝きでたくさんの人々の目を楽しませています。

Stitchでは、絹の光沢感や、職人の手業により独特の輝きを放つ
『京都産の絹糸・金銀糸』に惹かれ、
これらの糸を使用することにより
ジュエリーに独特の存在感を与えています。
宇和島アコヤ真珠

愛媛県宇和島市は
全国の真珠の3分の1以上の生産量をもつ日本一の真珠の生産地。
リアス式海岸による深い入り江に囲まれ、
穏やかな宇和島の海は真珠養殖に最も恵まれた環境にあります。
山、河など豊かな自然に囲まれた湾内では、
豊富な栄養分によりアコヤガイは厚い真珠層を作り、
四季の移り変わりとともに変化する水温は、
真珠の玉出しをする冬に一段と低くなり、
宇和島の真珠により良質な輝きを与えます。

Stitchでは、自然の海から生まれた真珠のそのままの美しさにこだわり、
無調色真珠(ナチュラルカラー)を使用しています。